三田太鼓

Photo Gallery


三田太鼓とは

1980年代に入り、三田まつりのステージに、九鬼水軍太鼓や宝塚太鼓を招いていた頃から、「三田の歴史と文化をストーリーに、未来に飛躍する三田の黎明と雄姿を鼓舞する勇壮な太鼓を創りたい」という気運が高まる。
そんな時、三田市観光協会の故 坂林副会長と故 西浦先生が出会ったことから話が急展開。

1983年58年12月20日、観光協会理事会で「三田太鼓準備小委員会」の設置を決定。
Sample Banner
( 樽太鼓で練習 )
翌年3月1日、名称を「三田太鼓研究会」とし、坂林会長、西浦講師、ストーリーは大熊先生に依頼すること等が決定される。
3月9日、太鼓愛好者9名が入会。

4月3日、初練習は城山運動公園倉庫で酒樽とコンクリートの床が相手。スリコギのようなバチでコンコン、カンカンという音が響く。

小委員会でストーリーや資金について協議を進める一方、6月からは、購入された太鼓により、市民会館で本格的な練習に入る。
Sample Banner
( 塔下市長(当時) )
三田まつり実行委員会の法被と太鼓で、8月16日、三田まつりのステージでデビュー。

10月12日、大熊先生による三田太鼓三部作(海鳴太鼓・瑞穂太鼓・黎明太鼓)が決定。

1988年3月18日の5周年記念発表会後、「三田太鼓」に改称。

運営も、小委員会から現在のメンバーに移る。
Home
出演の予定
メンバー募集
マウスでたたく
メンバー募集
出演依頼募集
活動の記録
三田太鼓とは
主な曲目
研修生募集
鼓響組プロジェクト
おたより